五反田団 『生きてるものはいないのか』『生きてるものか』
● 作・演出 前田司郎
● 会 場  東京芸術劇場 小ホール1 東京都豊島区西池袋1-8-1
● 2009年10月17日(土)〜11月1日(日)
オーディションで選ばれた小劇場界きっての魅惑的な俳優たち。
前田司郎の岸田戯曲賞受賞作と最新作を同時に芸劇で!!


おかげさまで公演は終了いたしました!
ご来場頂いたみなさま、応援して下さったみなさま
ありがとうございました。
※舞台写真の撮影は岩田えりさんです。 写真の転載はご遠慮ください。

五反田Tanka団 

五反田Tanka団 

2009年11月20日

後日談(枡野浩一)

昨日の深夜に一人でマイケルの映画を観ました。

マイケルは変な顔でスマートで白かった。
ダンスがうまくて年齢不詳だった。
子供みたいな発言をするけど皆に尊敬されていた。



以下はhttp://twitter.com/toiimasunomoより。

 整形をするならするでもうちょっと素敵な顔にできなかったの?

 ちんちんをぐいっとつかむあのポーズ なにか名前はついてるのかな?

 美しいダンスの中の美しい男女のような人生だった?

 マイケルは「愛してる」って言ったんだ 映画の中で何度もだった



深夜の映画館で、
コーヒーと小さなツマミめいたパンを買った。
売り子のお姉さんがとても見覚えのある顔をしていた。

「あの……、お芝居、出てますよね?」
思わず話しかけていた。
ほかに客もいないし。

ただニコニコするお姉さん。

「あ、こないだ観ました、●●●●のあれ、 面白かったです。
■■■■にいらっしゃる方なんですよね?」

●●●●とか■■■■には劇団名が入る。

ただニコニコするお姉さん。

いったん自分の席にコートを置いて、
ポップコーンを追加で買ったら、
お姉さんのほうから声をかけてくれた。

「あの、五反田団のオーディションにいましたよね?」

「はい。無事に……出演してきました」

「あー、わたし観られなかったんです」

「▲▲▲▲▲▲かもしれないんで、もし▼▼▼▼▼▼てください」

「はい」

ニコニコするお姉さん。お姉さんと書いたけど絶対年下。
伏字部分は、まだ公表しないほうがいいかもしれない情報。

……それだけの会話だったけど普通ならここで恋が生まれるの?

人の顔を覚えない私でも一発で覚えたお姉さんの顔は個性的。
それは役者として最大の武器だなあと思う。

彼女の中では私は
「短歌だか俳句だかをつくってる物書きの人」
ではなくて、
「五反田団のオーディションにいた人」
という存在なのだ。

それはなんだかうれしい。

これから書く、
演劇を題材にした青春小説のエピソードとして、
つかわせてもらおうと思った。

そしてマイケルの、
実現しなかった豪華なステージの残像を観ながら、
五反田団オーディションに合格してステージに立ち、
とても濃密な時間を過ごせていたということに、
改めて感謝したい気持ちになりました。





皆さんお元気ですか。私はまあまあ。

ぴあMOOK「小劇場ワンダーランド」に
このあいだの五反田団公演の練習風景などが載っていますね。
五反田Tanka団の写真も出てました。

いま東京タワー短歌を募集しています。
これはと思った短歌を私が選び、J-WAVEで朗読しています。
入選者には東京タワー大展望台招待券(ペア)がプレゼントされます。
ぜひ投稿してください。
http://www.j-wave.co.jp/special/0911_tokyotower/
http://masuno.de/blog/2009/11/18/post-129.php
posted by ikiteru at 06:26| Comment(0) | 短歌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。