五反田団 『生きてるものはいないのか』『生きてるものか』
● 作・演出 前田司郎
● 会 場  東京芸術劇場 小ホール1 東京都豊島区西池袋1-8-1
● 2009年10月17日(土)〜11月1日(日)
オーディションで選ばれた小劇場界きっての魅惑的な俳優たち。
前田司郎の岸田戯曲賞受賞作と最新作を同時に芸劇で!!


おかげさまで公演は終了いたしました!
ご来場頂いたみなさま、応援して下さったみなさま
ありがとうございました。
※舞台写真の撮影は岩田えりさんです。 写真の転載はご遠慮ください。

五反田Tanka団 

五反田Tanka団 

2010年01月23日

2010年のTanka団【尾原】

ご無沙汰しています
制作してます尾原です

終わってしまった公演の、公演中そのままに放置されているブログたちを
なにかで検索して、たまたま見つけてじーっと読んだりするのが嫌
いではないです

そうそう五反田団の「生きてるものはいないのか」「生きてるもの
か」も終了いたしました。
2009年11月に幕を閉じました。
その節はみなさま、ありがとうございました。
年末の忘年会の頃にどうもわたくし調子が悪くてお会いできなかっ
たみなさまお元気ですか。
わたしはぼちぼち相も変わらずです。
新しい年になって、それぞれの場所で出演されていたり働いていたり
日々の暮らしをお過ごしのことでしょう。

制作はなにをしているかというと、
実はまだ完全には終わっていなかった公演後の残り作業を
五反田のアトリエでもくもくデータに向き合ったりしている今日こ
の頃です。
もはや記憶があいまいになっていましたが、資料を見ると思い出すもので
20ステージもよくやったなぁなんて過去の出来事に今さらながら感
心したりしています。

毎日満席だった客席やお客様でいっぱいだったロビーや、
あのおにぎり屋さんや、台湾小調・・・池袋にある芸劇で過ごした濃密な
20日間ほどをなつかしく思い出します
行き帰りの電車では短歌を詠もうとぶつぶつことばを数えながら電
車に乗ってたことも、忘れてたけどそうだそうだそうだった。
よみがえってきたー

あんなにも 毎日同じ 居酒屋に通う日々など もうないかもね

地下1階 携帯電波 届かない 外との通信 泣かされたよね

当日券 並んでドキドキ 待ってる人に 悲しい知らせ 伝える役目

オペ席で 息をひそめて 見守っている 台詞と字幕 シンクロさせたい

開演を 迎える準備 何回だって 慣れることない 現場の緊張

これからも 芝居を もっと観たくなるよな時間をあなたに



2010年もよろしくお願いいします。
誰も見ていないであろう・・・ひっそりと投稿してみました。



(制作 おはらあや)
posted by ikiteru at 02:39| Comment(0) | 短歌